鳥居立替のための浄財ご寄進のお願い

鳥居の写真 さてこの度、堀越神社では谷町筋に面して、参道正面に聳え立つ石の鳥居の立替を計画いたしております。
 ご覧のとおり、この鳥居は元禄二年(巳己)十一月十日に建立された、かなり風格ある立派な鳥居です。
 中馬大阪市長の時代に、谷町筋が拡幅されたときも、私の祖父母はこの石の鳥居をわざわざ移転させて、今の位置に建立したほど当社の象徴として親しまれてまいりました。
 しかし昨今、阪神淡路大地震をはじめ、新潟、福岡と大きな地震が日本国内でも続き、大阪でも大きな地震が起きる可能性が否定できなくなっております。まして当社の石の鳥居は、明治三十六年の「第五回内国勧業博覧会」での花火による火災と、太平洋戦争による全焼と二度も大きな火事に見舞われ、かなり厳しい状態であると判断できます。
 私も幼少の頃より見慣れてきましたこの石の鳥居の撤去は、まことに心痛むところではございますが、地震にも強い、木の鳥居の建立を決意いたしました。
 今回は大変厳しい時期ではございますが、氏子様をはじめ、崇敬者皆様のご支援とご協力を頂きまして、立派に鳥居の立替工事を成し遂げたいと存じますので、なにとぞ皆様のご協力を賜ります様、幾重にもよろしくお願い申し上げます。


鳥居立替工事事業計画
一、 現在の石の鳥居解体・撤去
二、 木の鳥居新設
ご寄進の方法ならびにご寄進金額とご寄進者の方々に対するお礼は次の通りとします。

一、 ご寄進は当社ホームページ上で受付いたします。ご面倒ですが、info@horikoshijinja.or.jpまでメールをいただきますと、堀越神社宛の振込用紙を送付させていただきますので、お振込みください。
二、 ご寄進額は一口 壱万円(いちまんえん)とし、何口でも承ります。
三、 ご寄進者の方々のお名前は、ご寄進銘板に彫り刻んで鳥居に貼付し、ご寄進行為を末永く顕彰します。

平成十七年八月吉日
浪華 茶臼山 堀越神社 神司 橋本光隆



前の頁へ戻る